株式会社全国儀式サービス

葬儀手配依頼・事前のご相談
フリーコール:0120-421-493(ヨニイーシクミ)【24時間365日】

会社案内

ごあいさつ

株式会社全国儀式サービス代表取締役社長 伴 良二
株式会社全国儀式サービス
代表取締役社長
伴 良二

 人が、人として、人のために。

 私たち全国儀式サービスは、こうした信念のもと、冠婚葬祭儀礼に携わる者として、相互扶助の精神に基づき、企業・労働組合などに所属する社員・組合員のための福利厚生制度という観点から、平成4年に「葬儀支援サービス」をスタートいたしました。そして、日本全国にわたる葬儀社・互助会のネットワークを構築し、葬儀費用の標準化、ご契約会員の皆さまの経済性・合理性を高めていこうという姿勢に評価をいただき、幾多の企業・団体様からのご契約とご支援をいただきながら業容を拡大し、今日を迎えております。

 冠婚葬祭における儀式礼法は、その永い歴史に磨き抜かれた様式美の中に、人の世の様々な機微を巧みに表現した日本の伝統文化です。とりわけ人生の最後を飾る葬送儀礼は、愛惜あふれる厳かさに満ちた鎮魂の大切な儀式です。しかしながら、家族・社会構造の変化は、従来の葬儀観や葬儀意識に影響を及ぼし、その形や内容に対する変化を余儀なくされようとしています。

 たしかに、今日、いたずらにしきたりや躾のことを言っても、なかなか耳を貸していただけないものです。しかし、私たちは、こうした時代の変遷を直視しつつも、改めて葬儀の意味と理解を求め、わが国のよき伝統文化を継承することは、現代という変化の激しい時代においても、「伝えたい、大切なこと」として、立派に通用するものがあると思います。

 私たちは、「葬儀支援サービス」をもって、人と人との絆を大切にし、ご契約会員の皆さまの福利厚生制度としてご活用いただくことで、「いざというとき」ご遺族さまに安心と感動を提供し、より多くの皆様にご利用いただけますよう努めてまいりますとともに、儀式を通じて社会の安定に寄与するという使命と、他の追従を許さない葬儀サービス制度として、当制度の普及に邁進してまいります。

ページ上部へ

葬儀憲章

命に対する畏れや敬いから生まれた葬儀……人生の最期を飾る葬儀は、お慈悲や思いやり、悲しみといった、人間ならではの心が交差する、厳粛なる愛のドラマであり、日本人の「かたちとこころ」を育む大切な伝統文化でもあります。各時代・各地域によって幾多の変遷を経ながらも、私たち日本人のもつ死生観や来世観を反映した儀式として、今日まで連綿として受け継がれてきました。

葬儀とは
  • 一、故人の霊を祀り、その冥福を祈ることによって、永遠なるやすらぎの世界にお送りすること。
  • 一、ご遺族の悲しみを和らげ、愛するものの死を乗り越えて、新たなる人生に出発する勇気を鼓舞すること。
  • 一、会葬者の故人に対する追悼の念を真摯に受け止め、その死を社会的に明らかにすること。