香典返しイメージ

香典を頂いた方にお返しする物と漠然と捉えがちな香典返しですが、挨拶状を添えたりお渡しする時期があったりとそれぞれにマナーが存在します。適切に対応し、弔問にお越しいただいた方々に感謝の意をお伝えできるようにしましょう。

【もくじ】
・香典返しは忌明けに挨拶状を添えて
・香典返しの品物の金額
・挨拶状は薄墨で故人の俗名と忌日を書く
・香典返しを行う時期
・香典返しのマナー
・香典返しをしない場合も挨拶状は郵送する

 

香典返しは忌明けに挨拶状を添えて

一般的には、それぞれ宗教の忌明けに挨拶状を添えて行います。たとえば、仏教ならば四十九日か三十五日の法要の後です。香典の本来の意味は、香(お香)に代わるものとして供えることと喪家への相互援助があり、香典返しは必要ないものでした。しかし今日では、多忙の中、弔問に訪ねてもらうことへの感謝の意などが含まれ、香典返しが行われています。

 

香典返しの品物の金額

一般的には頂いた金額の半分、または3分の1程度です。実用的であり、かつ消耗品を選ぶのが普通であり、お茶やのり、砂糖、タオルなどが主流です。頂きた香典の金額が人により差がありますので、3種類くらいに分けて品物を決めると良いでしょう。

 

挨拶状は薄墨で故人の俗名と忌日を書く

挨拶状は、本来は喪主が書くものです。多くの会葬者がある場合は百貨店や葬儀社に挨拶文が用意されているので、故人の俗名と忌日、喪主の名前を記入し、品物と一緒に発送を依頼します。

挨拶状の文例
・奉書封筒の場合

香典返し挨拶状文例イメージ

・縦型カードの場合

香典返し挨拶文文例イメージ_縦

 

香典返しを行う時期

仏教では、宗派によっては亡くなってから四十九日間を中有(ちゅうゆう)または中陰(ちゅういん)と呼び、忌明けを満中陰(まんちゅういん)と呼んでいます。中陰の期間中、死者の霊魂はこの世に留まり、四十九日の満中陰をもって死後の行き場所が決まり、冥土にたどり着くといわれています。その忌明け後、なるべく早い時期に香典返しを挨拶状と一緒にお送りしましょう。神道、キリスト教にも適した時期がありますので以下を参考にしてください。

仏教
三十五日法要、四十九日法要の忌明けごろ
神道
三十日祭、五十日祭の後
キリスト教 カトリック
追悼ミサ(亡くなられてから30日目)の後
キリスト教 プロテスタント
記念式(亡くなられてから1か月目)の後
※キリスト教には忌明けという概念はありませんので、目安として考えてください

 

香典返しのマナー

香典は忌明け(神式の場合は三十日祭か五十日祭)の忌明けごろにお返しをするのが、最も礼にかなっているといわれています。最近では即日返しといって通夜、告別式当日にお渡しする傾向にあります。
香典返しの品物には、水引のかけ紙に「志」と表書きをします。香典返しはお中元やお歳暮などとは異なり、先方の好みを考える必要はありません。また、頂いた香典返しにはお礼状は必要ありません。

 

香典返しをしない場合も挨拶状は郵送する

一家の主人が亡くなった場合や残された子どもたちが幼い場合など、個々の家庭の事情によっては香典返しをしないか、あるいは喪主の気持ち程度にすることがありますが、その際でも挨拶状は送りましょう。また、故人の遺志などで香典を社会福祉事業へ寄付するときは、香典返しは行いませんので挨拶状にその旨を記しておきます。

 

※この記事は首都圏での葬儀における標準的な例です