位牌イメージ画像

仏式の葬儀において故人につけてもらう戒名。戒名をつけるのはなぜか?誰に依頼をすれば良いのか?をはじめ、宗派によって異なる戒名の各特色をご紹介します。葬儀の中でも疑問が多い「戒名」について理解を深めましょう。

 
 
 
【もくじ】
1.戒名は菩提寺でつけてもらうのが一般的
2.戒名とはどんなもの
3.戒名の構成はどうなっているの
4.宗派ごとに異なる戒名・それぞれの特色
 
 
 

1.戒名は菩提寺でつけてもらうのが一般的

戒名は、一般に仏門に帰依(きえ)したときに受ける名前で、菩提寺でつけてもらいます。遅くとも葬儀までにはつけてもらいますが、菩提寺が遠隔地の場合は葬儀を俗名で行い、戒名が納骨のときになることもあります。

菩提寺が無い方は葬儀社で紹介してもらったお寺で授けてもらうことができますが、納骨先が寺院の墓地になる場合には、そのお寺から戒名を授けてもらうことになりますので、注意が必要です。

 
 

2.戒名とはどんなもの

戒名は、仏門に帰依したときに受ける仏教徒としての名前であり、総称して「仏名(ぶつみょう)」と言います。

仏名は、仏の弟子となった証として与えられるもので、宗派により異なり呼び名も異なります。天台宗、真言宗、浄土宗、禅宗は「戒名」、浄土真宗は「法名」、日蓮宗は「法号」といいます。

本来、戒名は、生前に出家して仏門に入り、戒律を受け入れ仏の弟子になった人に授けられます。今日では、「没後作僧(もつごさそう)」といって、在家(ざいけ)、つまり一般の人が仏の弟子として極楽浄土に往生できるようにするため、死後に戒律が与えられ戒名を授けてもらいます。

 
 

3.戒名の構成はどうなっているの

戒名はいくつかの要素で構成されています。僧侶が故人の人となりを鑑み、それぞれの部分に故人にふさわしい文字が使用されます。

 
院号・院殿号

院号は信仰心が深くお寺への寄与が高い、もしくは社会的貢献度が高い人につけられ、戒名の一番上に置かれます。

 
道号

道号は二文字の法号(戒名)の上につけられるもう一つの名前です。故人の人となりを表すような文字が用いられます。

 
法号(戒名)

法号(戒名)は仏の弟子になった事を表す名前で、経や仏典に使用されている言葉を使い、二文字で表されます。法号には身分による階級などはなく、どんな人でも二文字となります。

 
位号

位号は戒名の下につけられる尊称で、性別や年齢、地位により異なります。位の高い順に、大居士・清大姉、居士・大姉、禅定門・禅定尼、清信士・清信女、信士・信女となります。

 
すべての要素を併せ構成された戒名の例(位の高い順)
※宗派によって違いがあります

男性の場合
○○院殿△△□□大居士、○○院△△□□居士、△△□□居士、△△□□信士

女性の場合
○○院殿△△□□清大姉、○○院△△□□大姉、△△□□大姉、△△□□信女

 
 

4.宗派ごと異なる戒名・それぞれの特色

戒名・法号・法名は、宗派ごとにそれぞれの特色を持ちます。以下に記載された内容を参考にしてみてください。

戒名見本

 
 
 
目次に戻る