大手企業・団体から選ばれ続けて30年、葬儀紹介サービスのパイオニア

株式会社全国儀式サービス

葬儀の手配依頼・事前のご相談

0120491499
通話料無料 24時間365日対応
株式会社全国儀式サービス
お急ぎの方
メニュー
閉じる

大手企業・団体から選ばれ続けて30年、
葬儀紹介サービスのパイオニア

葬儀の手配依頼・事前のご相談

フリーコール:0120491499
通話料無料 24時間365日対応
実績(2020年2月末時点)
  • ●会員数:508.2万人
  • ●契約企業・団体:15万社
  • ●利用件数累計:10.5万件
  • ●葬儀支援実績:279ヶ月
  • 実績
    2020年
    2月末
  • 会員数
    508.2万人
  • 契約企業団体
    15万社
  • 利用件数累計
    10.5万件
  • 葬儀支援実績
    279ヶ月

葬儀参列豆知識

訃報を受けたら

弔問に伺った際に、故人との対面を勧められることがあります。よほどの事情がない限り、お受けするのが礼儀です。しかし、対面すると取り乱しそうなときは、ご遺族にその旨を率直に伝え、お断りしても構いません。

故人との対面方法

  • 故人の枕元に正座し、両手をついて一礼します。

  • ご遺族が白布をとったら、そのままの姿勢で対面

  • 故人に再び一礼して、合掌します

  • 遺族に一礼してから下がります

“とりあえず”弔問するときの服装

  • 通夜前に弔問するときは、喪服ではなく平服で伺うようにします。ご遺族でも喪服に着替えているとは限らず、かえって失礼にあたることが多いからです。
  • ただし、平服といっても地味なものを心がけます。女性はアクセサリー類を外し、派手な化粧を控えます。
  • とりあえず弔問するときは、香典供物は持参しません。通夜かご葬儀のときにあらためて持参するのがしきたりです。