株式会社全国儀式サービス

葬儀手配依頼・事前のご相談
フリーコール:0120-421-493(ヨニイーシクミ)【24時間365日】

喪主・遺族側の基礎知識

遺骨を持って帰宅する

遺骨を持って帰宅する

骨上げが終わると、骨壷は白木の箱の中に入れられ、白布で包んで喪主に手渡されます。このとき、箱の中に埋葬許可証を入れてくれるのが一般的です。これは埋葬するときに必要になるので、このまま大切に保管するようにしましょう。遺骨は喪主が抱きかかえ、その両側に位牌と遺影を持ったほかのご遺族が座り、喪主の車を先頭にして帰宅します。

ご葬儀の当日に埋葬してしまう場合を除いて(菩提寺、地域によりますが49日後に埋葬するのが一般的)、遺骨はいったん自宅に持ち帰り、四十九日の忌明け法要まで、「後飾り」と呼ばれる祭壇に安置します。ご遺族は忌明けまで毎日灯明をともし、線香をあげて故人の冥福を祈ります。後日、訪れた弔問客にも、ここで礼拝してもらうのが普通です。

後飾りの祭壇

  • 後飾りの祭壇が必要な場合は、葬儀社が用意してくれます。(※葬儀支援サービスの 基本セットには含まれておりません)
  • 置く場所は、仏壇があればその前に、なければ部屋の北側か西側に置きます。
  • 祭壇には、香炉、燭台、ご葬儀で使用した供花や供物を置き、遺骨を迎えたら、位牌や 遺影とともに飾ります。