キリスト教祭壇イメージ

キリスト教の葬儀に参列することになった際、初めて参列するという人は多いかもしれません。キリスト教にはカトリックとプロテスタントがあり、それぞれ葬儀の流れも異なります。葬儀の場で困らないように、ここでは基本的知識をご紹介します。


【もくじ】
・キリスト教の死生観
・カトリックの葬儀
・プロテスタントの葬儀
・献花の作法について

 

キリスト教の死生観

キリスト教で「死」とは、地上での罪を赦され、魂は神のもとで永遠の安息が与えられると考えられており、やがて訪れる復活の日まで天国で過ごせることを意味します。カトリックでは亡くなることを帰天(きてん)といい、プロテスタントは召天(しょうてん)したといいます。天国へ旅立つためには司祭や牧師の導きが必要とされています。
 

カトリックの葬儀

カトリックは伝統を重視した宗派で、聖書の次に教会を重要視します。教皇を中心にまとまった組織になっています。聖職者は「司祭」であり「神父」と呼ばれます。儀式を執り行えるのは司祭のみです。儀式の中で歌われるのは「聖歌」です。カトリックでは信徒でない方の葬儀はできません。

1 病者の塗油
臨終間際になると司祭により塗油の秘蹟が行われます。これは司祭が信者の額に聖油を塗り、神に祈る儀式です。
 
2 聖体拝領(せいたいはいりょう)
簡単に言うとパンとぶどう酒をいただく儀式で、パンをキリストの肉体に、ぶどう酒をキリストの血液になぞらえ、これを捧げて神父が祈る儀式です。
 
3 納棺式
故人を棺に納める儀式です。仏式では葬儀社と遺族によって行われますが、カトリックでは神父を招き、「納棺の言葉」の後、聖書朗読・聖歌斉唱・祈りを行います。納棺時には故人の手を胸の上で組ませ、生前使用していたロザリオや十字架を持たせます。
 
4 通夜の祈り・通夜の集い
遺族や参列者は先に席に着いており、神父が入場すると儀式が始まります。聖歌を歌い、聖書の朗読を行います。神父が話をした後、全員で祈りをささげます。神父が最初に献花を行い、遺族、参列者の順で献花をします。最後に遺族の代表が感謝の言葉を述べて終了となります。終了後は軽く茶菓をふるまうのが一般的ですが、仏式と違いお酒は飲みません。

カトリック葬儀イメージ

5 葬儀ミサ・告別式
葬儀は、入堂聖歌→開式→一同着席→葬儀ミサ(言葉の典礼・感謝の典礼)の順で行われます。葬儀終了後は告別式となり、入堂聖歌→弔辞・弔電→献花の順で進行します。
 
6 出棺
神父が出棺の祈りを捧げ、遺族は故人との対面を行い、棺に花を添えます。出棺前に遺族代表から挨拶が入ることが多いです。

 

プロテスタントの葬儀

プロテスタントは聖書に忠実であり寛容で、多くの教派が存在します。教職者は「牧師」です。万人祭司という考えで、「牧師」でなくても信徒であれば儀式を執り行えます。儀式の中で歌われるのは「讃美歌」です。また、信徒でない方でも葬儀ができます。

1 聖餐式(せいさんしき)
臨終の際に行われるもので、信者にパンとぶどう酒を与え、牧師と家族が一緒に祈りをささげます。臨終を迎えると、牧師が故人の口に水を含ませる儀式(仏式でいう末期の水)を行います。
 
2 納棺式
故人を棺に納める儀式です。牧師が祈りを捧げ、遺族の手で棺に納めます。
 
3 前夜式
プロテスタントでは、通夜にあたるものが「前夜式」です。これは納棺式と兼ねたり、納棺式に続けて行われたりします。柩を安置した部屋に遺族、親族、友人などが集まり、まず賛美歌を斉唱します。その後、牧師による聖書の朗読・説教、全員による祈り、最後に再び賛美歌を斉唱し、献花を行います。
 
4 葬儀式
教会では、柩と遺影を持った遺族を迎えるため参列者が先に入場します。教会によってはあらかじめ柩を安置しておく場合もあります。讃美歌の斉唱・聖書朗読・祈りが捧げられ、牧師が説教を行い、弔辞や弔電が紹介されます。その後再び讃美歌の斉唱・祈祷が捧げられ、牧師が出棺の祈りを捧げた上で、献花となります。参列者が非常に多い場合には、献花に代えて黙祷を捧げることもあります。

プロテスタント葬儀イメージ

 
5 火葬式
火葬場に到着後、棺の上を花や十字架で装飾し、牧師が聖書朗読と祈りを捧げます。
 
6 会食
火葬場から戻った後、故人を偲ぶ会食の席が用意されることが多いようです。

 

献花の作法について

キリスト教式の葬儀では、故人との別れの儀式として「献花(けんか)」が行なわれます。これは日本独自の習慣であり、カトリック、プロテスタントのどちらでも行なわれています。
献花に使われる花は、菊やカーネーションのように茎が長いもので、花の色は白と決められています。
 
①ご遺族に一礼し、花を受け取る
順番が来たら祭壇に進み出て、ご遺族に一礼をしたのち、花の部分が右側にくるようにして、両手で係の人から花を受け取ります。このとき、右の手のひらは上向きに、左の手のひらは下向きになるようにします。
②花を持って一礼する
両手で持ったまま献花台の前に進み、祭壇に向けて一礼します。
③根元を祭壇に向けて、献花台の上に置く
根元が祭壇の方に向くよう右に回して花を持ち替え、左手を下から花に添えて献花台の上に置きます。
④手を合わせて黙とうするか、深く一礼
手を合わせて黙とうするか、深く一礼します。そのまま2、3歩下がり、ご遺族に一礼してから席に戻ります。黙とうの際、カトリックでは十字を切り、プロテスタントでは胸の前で手を組みますが、信者以外は、ふつうに手を合わせて黙とうしても構いません。参列者が多く、時間がかかりそうな場合は、献花を省略し、全員で黙とうを捧げる場合もあります。

キリスト教_献花1

キリスト教_献花2

キリスト教_献花3

キリスト教_献花4

 
 
※記載の内容は首都圏での一例です。地域や宗派、聖職者・教職者の考えによって異なることがあります